スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『かた雪かんこなガキンチョども』

2010.01.27.01:50

 子3号の歩幅が狭まる。
一歩があの小さな足の半分ずつくらいしか進まない。
顔がひきつっている。こっちもひきつる。
「お~い、そこは凍ってないから普通に歩け~!
お父さんが会社に遅れる!」
 
 どうもここ数日昼間の気温が上がりすぎ。
昼は雪が解け、夜は凍るの繰り返しで
またして我が家の周りはデロデロ。
 朝の幼稚園送りが、上記のような状態で大変になる。
2号はわざと凍っているところを歩いて
「おっと!」とか言いながらひょいひょい先を行く。
3号は最初に書いたとおり。生まれた時から動作が
おじいちゃんっぽくて、「年をとると赤ちゃんに帰る」というけど
まさにそれが良く体現された赤ん坊だった。
そして、氷の上を歩くさまも、なんか
そんな感じ…。同じ兄弟なのに、こうも違うんだなあ。
1歳半の年の差だけではない、個性。
5人いたら誰かは似るかと思いきや
ここまでバラバラじゃ、いくら数が多くても
前例が参考にならない…。

 さて、デロデロ氷地帯を抜けると
今度は林と畑。ここは誰も歩いていない雪原が
溶けては凍りを繰り返し、かた雪になっていた。
子どもたちが乗ったくらいでは壊れない。
喜んで突撃していく。
かた雪かんこと子二人沈まぬ足元

かた雪は昼の気温がある程度上がらないと
起きない現象だ。自分のイメージでは2月に
(しかも半ば以降)起こるものだったが
1月の半ばに起こるとは…。
1週間ほど前の新聞の県内版に
「今の雪は3月くらいに降る雪だから
春がくるのがはやいっぺ」と古老が
言っていた…という投書が載っていた。
やはり今年も温かい冬なのである。
確かに、自分が中学生の頃は、
1月中は山の中のがけ下にたまった雪に
ダイブして首まで埋まったりとかしていた
(危険なので真似しないように)。
かた雪なんて考えられなかったが…。

 さて、子3号。
「この黒くなってるところは凍ってるから
歩くなよ」と教えたら、わざわざ戻ってきて
黒く凍った場所を歩いてつるりん。
一瞬むかっとするが
自分でやってみないと納得しないというのは
いつも教えていることでもあり、
「うむうむ。教えが浸透しておる」と
ちょっと納得。しかし、それを何度も何度も
違う場所で繰り返す。
「子どもにとっての『遊び』とは
大人の余暇としての『遊び』とは違う
重要なものなのです」などと、
以前、全国放送の番組で顔を出して
リポートなどしたことも忘れ
「おりゃー、早く歩け!」と
つい怒鳴ってしまう、ちょっと早いかた雪の路。
 案の定、通園時間はいつもの倍以上。
見事に会社に遅刻してしまった。
明日は大丈夫だろうか…。
スポンサーサイト

theme : パパ育児日記。
genre : 育児

comment

Secret

No title

2010.01.27.06:05

とってもほのぼのとした
可愛いお子さん達とのひとこま。

>「子どもにとっての『遊び』とは
大人の余暇としての『遊び』とは違う
重要なものなのです」などと、
以前、全国放送の番組で顔を出して
リポートなどしたことも忘れ
「おりゃー、早く歩け!」

には参りました♪
ホントに、ついついですよね(笑)
私も子育て頑張ろう!という気にさせてくれる、
素敵なお話どうもありがとうございました。

地球温暖化、心配ですよね…
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
twilight

powered by ブログの時計屋さん
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

かしわ山

Author:かしわ山
岩手県盛岡市の住人です。テレビ番組ディレクター。5児の父。好きなことは、山の生活と家族!クルマ、スポーツも!

キーワードアドバイス
キーワードアドバイス
ツールプラス

ディレクトリチェックツール

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。