スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆仙台・雑貨と解体屋さんが教えてくれた幸せ

2011.11.21.23:00

取材のため仙台逗留中。
ちょっと夕方に時間ができたので
学生時代5年間を過ごした、懐かしの生息エリアへ。
ちょっと行ってみたい懐かしの店で
久しぶりにホイコーローでも頂こうかとずんずん歩く。

ない。ない。ないー!

あるのは見覚えのない大きな道路のみ。
どこかへ移転したのか…それとも…。

昔そばの出前アルバイトをしていたそば屋も、
毎日のようにビデオを借りていたビデオ屋も、
たまのごちそうに食べていた草履とんかつ(悪い意味ではなく、
でかかったのでそう呼んでいた)も
私の大好きな喫茶店系ナポリタン(あの極太麺のヤツ。
あれはパスタではなく、スパゲッティーですな)の大盛の店も
みんな無くなっていた。

ショックに打ちひしがれつつ
近くのビルの洋食屋があるのを見かけて入ってみる。
今日は冷え込んだので、ゆっくり見る前にちょっとトイレへ。
さあ、終わった…手を洗って…と思ったら
落ち葉の手洗い
手洗い台がこんな感じで若干たじろぐ。
うーん… なんか水をかけるのが悪くて、
これじゃあ落ち着いて手が洗えんなあ…。

4Fにその洋食屋さんはあるらしいが
途中に雑貨のフロアが。
今度、クリスマス&新年雑貨特集をしようと思っていたので
立ち寄ると、むかしの陶器やタンスなどの他、手作りの雑貨がずらり。
ちらし+R
お店の写真取り忘れたのでちらしでごめんなさい

しかもこのお店、12月31日までの期間限定ショップ!
宮城県内のショップや作家さんが協力して企画したものだそう。
中古のクリスマスの絵本とか、手作りアートの絵本とか
ここでしか手に入らないものがたくさん。

あああ…。
やばい。久々にど真ん中を射抜かれた感じ。
胸をギュッとつかまれて切なくなる感じ…分かるだろうか…。
実は、今日2度目の胸ギュッだった。

今仙台に来ているのは、「被災地からの声」という番組の取材。
今度の日曜日に放送する予定だ。
石巻市に通っている。

石巻は、8か月以上たった今も、ガラスは割れ、そこからカーテンがバタバタと
なびいているような家がたくさんある。
国道沿いですらそんな家が多くみられる。
亡くなった方、行方不明の方は、圧倒的に多い。
やっと解体が始まったという家があった。
お話を伺える方がいないかと解体現場に近付く。

自分の家ではないのに、急に涙が出てきた。
色んな無念があるのだ。ここには。
形あるものが壊されていくのを目の前にして
急に感情が高ぶってしまった。
つらい。ここにはいたくない。
自分の家だったらどう思うだろうか。

すると、その解体現場から顔を出す人がいた。
女性。髪は茶色い。明らかに場違いな感じ…。
同僚のディレクターたちが足を止める。
自分は、気が進まない。遠ざかりつつ、離れた場所で足を止めた。

ヘルメットに作業着姿。50がらみのその女性も、石巻市内で家をながされていた。
自らも家を流されながら、他の被災者の家の解体工事をしなければならない。
家を失うつらさを、誰よりも知っている人たちが。
「つらいよー。家を壊すのは」
でも、今、石巻市内では、仕事は圧倒的に少ない。
しかし、がれきの撤去ならまだしも、津波で破壊されているとはいえ
まだ形をとどめている家を壊さなければならない。
でも、生きていくためには、こういう仕事をするしかない。
離婚を経験し、今は娘さんとお孫さんと3人で暮らすというその女性。
「孫がね、家に帰りたいって言うの。流された家にね…。
それがつらくって」
あとは声にならない。
願いは?
「3人で、またどこかの家で暮らせればいい」

この方にお話を聞く前には、仮設住宅で明るいお母さんにお話を聞いた。
震災以前は娘さん夫婦とお孫さんと5人で暮らしていたという漁師夫婦だが
今は二人だけ。仕事場の関係で娘さんたちは、隣町へ引っ越してしまった。
この震災で多くのものが失われた。
命、家、人のつながり、財産。
大きな不幸をあがなうためには、小さな幸せを
何気ない幸せを積み重ねていくしかない。
被災した地で見る涙と笑顔を見て、日々思う。

解体工事をしていた女性のお孫さんは、3月11日が3歳の誕生日だったそうだ。
うちの3番目も3月11日が誕生日。
切なくていとおしかった。たまらなく。
お母さんも、娘さんも、お孫さんも、幸せになってほしい。
心から、心から、心からそう思う。
そして、いつかお孫さんに伝えたい。
「おばあちゃんとお母さんを守れる、強い子になれ」

色んな事に、心をギュッとされた1日。寒い1日。
忘れられない、1日だ。
スポンサーサイト

theme : 出来ることから始めよう!
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
twilight

powered by ブログの時計屋さん
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

かしわ山

Author:かしわ山
岩手県盛岡市の住人です。テレビ番組ディレクター。5児の父。好きなことは、山の生活と家族!クルマ、スポーツも!

キーワードアドバイス
キーワードアドバイス
ツールプラス

ディレクトリチェックツール

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。