スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆自然力vs人間力

2011.04.19.12:00

岩手の象徴、岩手山。
別名、岩鷲山。春になると頂上に「岩の鷲」が現れる。
岩鷲山
畑仕事の目安になってきた。
今日は雨だが、昨日はくっきり。
鷲は羽ばたき、岩手も、色々なことが動く季節が来た。
目覚めの瞬間。

…なはずだが、昼間から寝てばかりのこのお方。
眠狂四郎
まだ幼稚園がお昼までの3号。
迎えに来たかみさんに向かって
「来るのが早い!」と幼稚園でエキサイト!
裸足で逃走したり、暴言を吐いたり。
結果、『昼飯抜き』の極刑に処せられ
ふて寝。この人はすぐ寝られるので、
現実逃避にはもってこいの技。

そこで、4号と私は家の前で野草を摘んで頂く。
ノカンゾウとアサツキ
平べったくて色が薄い方がノカンゾウ。
細くて色が濃い方がアサツキ。
ちなみに
どちらも春になると家の周りに勝手にわしゃわしゃと
生えてくる。今の時期は野菜を買わなくてもいーなー。
しかし、かみさんは「犬のしっこがかかっとる!」と言って
食べない。確かに、ノカンゾウはいかにも犬がしっこを
しそうな所に群生している。
確かに我が家前は散策道。「お犬様散歩のメッカ」と
言いたくなるほど、たくさん通っている。
かかってるかもね。しっこ。
でも、クセがなくて、おいしいですよ。

しっこぐらいには負けずに、タフに生きていける力も
もうちょっと身につけなければいけない。
「人間としてどう生きるか」という面だけが、
学校などでも、ずっと強調されてきた。
「自分らしく生きるにはどうすればいいか」
「いい学校に行って、習い事をして、文化的な生活を」
自然の猛威の前では、私が大好きな文章を書くという世界ですら
「くその役にも立たない」ということになってしまう。

だから、「生き物としての力」「生きるための力」を付けることも
もっと考えなければならない。
そう思って岩手に帰ったのに、まだまだだった。
エネルギーも、自分の身の回りで調達することから考えないと!
今回のような非常時には、自分の家の周りで木を切り
ストーブを焚くと言う生活はとても役に立った。
エネルギー供給が途絶えても、調理・暖房などを、
自己完結で賄える。
目の前にあるものをエネルギーとして使うことは
それを越えて大切なことだと思う。
人類が生き残っていけるか…という部分にかかわってくる。

石油がエネルギーの中心になって
知らないところからどんどん運んでこられて
いつの間にか電気になっている…という時代になり
50年ほどになるか。
電気をいくら使っても、実感がわかない…。
それはそうだよね。
知らないところから持ってきて、知らないうちに電気になっている。
薪を使えば、木を切り、薪割りをして、積んで乾燥させる。
かなりの重労働。
でも、「これだけの労力が、1年分の暖房になる」というのは
否が応でも実感せざるを得ない。
太陽光や風力などの発電を、自宅に付けるのも同様。
(まあ、実際に労力を費やす分、薪の方が実感できるが)
分不相応のエネルギーを使えば、人類が地球に存在し続けることはできない。
簡単なことなのに、人は電気やガソリンを消費する。湯水のごとく。

人は、「サル」から「人間」になった時から、ずっと火と共に生きてきた。
石油(石炭もあるが)がエネルギーの中心になって
わずか50年あまり。それまでの数百万年を、人は火と共に生きてきたのである。
火と共に生きないのは、滅びの道を歩むに等しいんじゃないか。
火を使う生き方は、手間がかかる。
でも、それが生きる力につながる。
面倒を避けちゃいけない。これは、とても大事なことだと思う。

起こりようがないと思っていたことが起きた、今回の震災。
ここで、今を生きる私たちが、いつのまにか大きく踏み外した
「生き物」としての道を、戻さなければ、戻せなければ
この先、自分たちの子ども、孫、ひ孫たち…、
人としての未来は、いつか絶える。

「人としていい生活をしたい」
自分も、クルマが大好きだし、本がない生活するなら
死んだ方がいいと思う。
だけど、やはり、この地球上に人が存在できてこそ。

人として何もできない大地と海の巨大な力。
神の存在などとても感じられない、すさまじい殺戮。
その前に立ち尽くした時、「人」は変わらなければならないと思う。
これだけの事象を突きつけられても変われないなら…。

人は自然にはあらがえない。
どんなに贅沢になって
フォアグラだ、キャビアだとかを使って料理を作っても
空腹と言う、生きとし生けるもの全てが持つスパイスには
かなわない。
あー、腹減った…。
俺の昼飯ある…?今、がきんちょどもを昼寝させるのに忙しいようです…。
今日もノカンゾウ取ってきて、自分で作りますね…。
「生きる力」を付けないとね。
スポンサーサイト

theme : 出来ることから始めよう!
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
twilight

powered by ブログの時計屋さん
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

かしわ山

Author:かしわ山
岩手県盛岡市の住人です。テレビ番組ディレクター。5児の父。好きなことは、山の生活と家族!クルマ、スポーツも!

キーワードアドバイス
キーワードアドバイス
ツールプラス

ディレクトリチェックツール

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。