スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆3.11

2011.04.11.23:12

「お父さん、俺にも誕生日プデデント、買ってよう」
おい、キミ。年長さんになってもまだ舌足らずだね。
うちの3号が1カ月間ねだり続けている。

 3月11日。3号は5歳になった。
ぷくぷくして、眉毛は八の時で、天然ボケで、
いつまでも赤ん坊のような気でいたが
もう年長さんだ。大丈夫か…。

 3月11日。楽しみにしていた誕生日。
いつも我が家は手作りのケーキでお祝いをする。
しかし、今年はその数日前に、3号が腹痛、おう吐。
11日のパーティーは、延期することに。

 そして。
あの日から、色々なことが変わった。
変わってしまった。
止まってしまった時もある。
「いっそ、止まってしまえばよかったのに」
そんな思いにさいなまれ続ける人もいる。

 あれから丁度1か月。

 今日は、「キッズ天国」の取材で
大槌町の保育園を訪ねた。
大槌町は、去年の夏に、ウミガメ先生や
昆布風呂の民宿、海に飛び込む中学生たちを取材した。
とっても明るい女将さんがいる食堂や
幻のカレイを養殖している海上イケス。
色んな取材をしてきたところ。
 保育園は、町内の吉里吉里地区を見降ろす高台にある。
井上ひさしの「吉里吉里国」の元になった
江戸時代の豪商・歴代の吉里吉里善兵衛の墓のすぐ隣。

窓から見えるのは、いつも通りの、私が知っている限り、
普通の海。陸は、がれき以外何もない。
手前に何軒かの家が残っている。
あと数十メートルで保育園まで津波が届いていた。

 子どもたちは、明るかった。
色々な夢を聞いてきた。
取材が終わった後で、
「でも、おうちは流されちゃったんだよ~」と
屈託ない。

 先生たちは語る。
「この子たちにとっては重いかもしれないけど
子どもたちは希望の光」
そんな思いで、破壊しつくされた町で
保育園の再開に力を注いできた。

今週土曜日のじゃじゃじゃTVで、そんな
子どもの夢と先生の思いを放送する。
県外の方も、HPで見ることが出来るので
見てみてほしい。
被災地の子どもたち、そして、夢を託す大人たち。


 3号は、まわりの人を、ちょっとでも明るくしてほしい…
そんな願いを込めて、「一つの明かり」…「一明(ひかり)」と
名付けた。これからの時代を照らす一人になってほしい。
この1カ月ですっかり変わってしまった世界で
心から、そう思う。

 3月11日から、ずっと買えなかった誕生部プレゼント。
キッズ天国の編集が終わったら、3号と一緒に買いに行こう。
今年のプレゼントは、一生記憶に残るものになるだろう。
スポンサーサイト

theme : 出来ることから始めよう!
genre : 福祉・ボランティア

comment

Secret

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
twilight

powered by ブログの時計屋さん
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

かしわ山

Author:かしわ山
岩手県盛岡市の住人です。テレビ番組ディレクター。5児の父。好きなことは、山の生活と家族!クルマ、スポーツも!

キーワードアドバイス
キーワードアドバイス
ツールプラス

ディレクトリチェックツール

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。