スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想の女性

2010.09.22.23:04

『アエラ』に出ていた「妻がぶち切れる夫の一言」。。。
「太ったな…」
「またその話?」
「働かないの?」
「こんなまずいメシ食えるか」
ええ、いつも言われていますとも。
かしわ山 妻です。
でも…結婚当初から7キロ太ったのは事実ですし、
同じ話を何回もするのは、確認事項を口に出して繰り返しているだけですし、
幼稚園の役員やボランティアをやっている方が、リポーター業より楽しいですし、
夫はマズイと言っても、子ども達は「お母さんのみそ汁、ダ~イスキ!」とおかわりしてくれますし。
いちいちブチ切れるに値しません

さて、やっと本題、23日秋分の日。
めでたく93歳になる私の大好きな祖母について♪

あなたの尊敬する人は?と尋ねられたら、迷わず、祖母の話をします。
気丈で、人に平等、ユーモアがあり…とにかく私の理想の女性。
今、こうやって思い出すだけで、涙があふれてくる
会いたくて、会いたくてたまらない人。

わたしが作るちょっと変わった「卵でとじたきんぴらごぼう」と
ニンニクが効いた「ナスの油炊き」はおばあちゃん仕込み。
岡山名物「ばら寿司」の味も、ちゃんと教えてもらっておけばよかったなあ…
おばあちゃんがくれた蔦のモチーフの帯締めは、シルバーの指輪にリメイクして、
いつも身に付けてるよ。これ、お守り。
目が不自由なのに、指先で紙をたどりながら折ってくれた「だまし船」。
冷蔵庫に貼り付けてある。いつも目の付くところに置いておきたくて。
これも、我が家の守り神。
私と弟たちの幼い頃、「やられたら、やりかえせ!」って…
おばあちゃんは孫の教育にも威勢がよかった。

会いたいな、会いたいな、会いたいな~

あんまり褒められた思い出はないけど、
「あんたの笑顔はええよ、笑顔でおらんといけんよ。」
そう言ってくれたことが一度だけあって。

おばあちゃんの言葉は、私の道しるべ。

夫の暴言にも「やられたら、やりかえす」じゃなくて、「笑顔」で切りかえさなくちゃね
フフン

おばあちゃん、どうぞこれからもずっと私の側にいて。
おばあちゃん、93歳、お誕生日おめでとう。






義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
twilight

powered by ブログの時計屋さん
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

かしわ山

Author:かしわ山
岩手県盛岡市の住人です。テレビ番組ディレクター。5児の父。好きなことは、山の生活と家族!クルマ、スポーツも!

キーワードアドバイス
キーワードアドバイス
ツールプラス

ディレクトリチェックツール

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。