スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『こんなところにも子連れで』

2010.03.29.20:53

今日は盛岡市の観光審議会に出席してきました。
私、今年から2年間、審議委員を務めます。
20名の委員は市長をはじめ、市議や商工会議所、JR、JTBの支店長クラスの方々…
その内私を含め4名は、公募によって市民から選任されます。

岡山出身の私、7年前盛岡に来た時のカルチャーショックは今なお鮮明で…。
だから「盛岡の観光」という分野には、とても興味があるんです。

そしてもう一つ、これは私にとって、ひとつの「実験」でもありました。
子育て真っ最中の私が、公の会議に子連れで。それが可能なの?
公の会議の場だから…子どもはどこかにキチンと預けて出席すべき?

広報誌やイベント情報は隅々までチェックして、アンテナに引っかかったものには積極的に参加してきた私。
自分がエンパワーメントするためには、まず動かないと!
だから、私は子どもをおぶって、手を引いて…どこにでも出て行くんです。
託児付きの講座だと、それはとてもありがたいのだけど、
託児ナシの場合は、まず相談!
だいたいのところが子連れでも受け入れてくれるし、
急遽、無料託児を用意してくれたところもありました。

子育て中のママだって、知りたいし、学びたいし、意見だって言いたい。
「子連れは前例がない」なんて理由で断られるのは、納得がいかないから…。
子育て中だからこそ知って欲しい、子育てが一段落してからではもったいない!と思える魅力的な講座の数々。
例えば男女共同参画モノとか、赤十字幼児安全法支援員(履歴書に書ける資格です)とか。
参加者の多くは40代後半~50代の方で、
私世代の参加が少ないのは、本当に惜しいと感じます。
あ。。。少々、熱くなってしまいました。

さて、本題の今回の審議会ですが、
選考時に提出する書類にも、幼い5人の子どもがいる事は書きました。
そのうえでの選任なのですが…
今回の会議に子連れで出席したいとの旨を伝えたところ、
電話口の担当者の方はビックリした様子で、
「こちらで託児の準備はしておりませんので、どなたかに預けて来て頂く事は…」
いえいえ、子どもも一緒に会議に出たいのです。
「市長も出席しますし、前例がございませんので…」
ぐずったりして、ご迷惑になるようならば退室します。
それでもダメと言われれば、それまでですが…
「課内で相談して、折り返し連絡します…」

こうなるであろう事は、想定内です。
春休み中の今日という日は、5人の子ども達みんなが家にいるわけで、
1号は児童センターへ。
2号と3号は幼稚園の預かり保育。
動きたい盛りの2歳児・4号は、とうてい会議の場はムリと判断し、近所の保育ママにお願いして…。
5号だけであれば、ミルクとおもちゃとだっこで2時間くらい平気!
誰にも迷惑をかけない自信があります。

と…5分もしないうちに市役所から連絡がありました。
「お子様もご一緒にどうぞ…」

そうでなくっちゃ、ね!
本当にありがとうございます!!

帰り際、委員のおひとり直利庵(老舗の蕎麦屋さん)の女将さんが声をかけてくださいました。
「次回も連れていらっしゃいね。盛岡の街は、
あなたのようなお母さんにも安心して訪れてもらえるようにしなくちゃいけないんだから。」
素直に嬉しかった~。

観光課の課長さんは、わざわざ5号の顔を覗きにいらっしゃって、
「7ヶ月だそうですね~。いい子でしたね~。」とすっかりおじいちゃんの顔。

子育てはひとりじゃできません。
身内だけに頼っていてもダメ。
こうやって温かい目で見守ってくれる地域の人たちに、今回もまた助けられ、力をもらいました。

「実験」してみて…
本当によかった。。。大成功です!


スポンサーサイト
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
twilight

powered by ブログの時計屋さん
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

かしわ山

Author:かしわ山
岩手県盛岡市の住人です。テレビ番組ディレクター。5児の父。好きなことは、山の生活と家族!クルマ、スポーツも!

キーワードアドバイス
キーワードアドバイス
ツールプラス

ディレクトリチェックツール

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。