スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『3億5000万年前の星』

2010.01.12.22:02

 先週土曜日のじゃじゃじゃTV「マニア列伝」で放送した
『東山の化石王』。ご覧になった方はいるかなあ…。
男の子には結構好きな人が多いと思う化石。
ほとんどは恐竜だと思う。自分もそうだった。
NHKにいたころ、先輩に声をかけていただき
恐竜の大化石産地の一つ・モンゴルのゴビ砂漠に
恐竜化石発掘隊に同行取材したことがあった。
その話は次回に回して、今回は東山の化石のお話。

 東山の化石王こと七田清さん。
なんと日本最古のアンモナイト化石を発掘した方。
(七田さんが発見した日本最古のアンモナイト化石は
岩手県立博物館に展示されている。3億年以上前のもの)
「割ってみないですかぁ」という化石王の声に誘われ
リポーターの土村アナが割った石から出てきたのが、
この化石。
スター☆ウミユリFF
コケムシという網状の白く広がった化石の横に
ちょこんとあったのがきれいな星の形。
ウミユリアップ
これ、ウミユリという海の中のユリの花のような生物
(ナマコやホヤの仲間)の茎の断面。
3億5000万年間、石の中で眠っていたお星様。
星型の断面をしたウミユリは、この辺ではあまり採れないそう。
とにかく、形がきれい。初心者も嬉しくなる発見だ!

 ここ岩手県一関市東山町は、石灰岩の大産地。
石灰を掘っていた『東北砕石工場』には、
宮澤賢治も晩年技師として務めていた。
この石灰自体が化石のようなもので、
生物の死骸が堆積してできた岩石である。
東山の石灰岩は、恐竜が繁栄する前の時代の古生代のもの。
想像もできないほど大昔だが、
確かに海の底に生きていた者たちが
こうして3億年以上岩の中に閉じ込められ、
今自分たちの目の前に現れた。
実際に自分たちで見つけると、ガツンとそんな感覚が
来るのがいい。
 化石と言えば、もう14~5年前、恐竜化石の
企画を作った時、かみさんがリポーターだった。
「私も化石になれますか?」という恐るべき一言で
研究者を黙らせたという名リポートは、今もごく一部で
語り草になっているが、今思うと非常に奥深い。
私も、どうせなら化石になって、
3億年後に発見されてみたいものだ。

 ちなみに、七田さんの化石を見ることができる施設が
先に書いた岩手県立博物館のほかに、
東山に二つある。
幽玄洞
石と賢治のミュージアム
 幽玄洞は、日本で初めてウミユリのガクが発見された場所だ。
洞内の壁では、化石が土の中に生まれたままの形で見ることができる。
 石と賢治のミュージアムは、かつて賢治が勤めていた「東北砕石工場」の
敷地にある施設。賢治がいた当時の工場が、そのまま残っているのもスゴイ。
実はこのほかにも、今年の夏に1本特集を作っている。
しかも、まだ番組にしたいネタがあるという、ネタの宝庫。
ビバ!東山!
スポンサーサイト

theme : なんとなく書きたいこと。。
genre : 日記

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
twilight

powered by ブログの時計屋さん
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

かしわ山

Author:かしわ山
岩手県盛岡市の住人です。テレビ番組ディレクター。5児の父。好きなことは、山の生活と家族!クルマ、スポーツも!

キーワードアドバイス
キーワードアドバイス
ツールプラス

ディレクトリチェックツール

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。