スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆早く走る方法とは

2011.08.29.12:45

2歳の5号。
ぶらぶら5号
昨日あたりからぶら下がり健康法実施中。

私の仕事場に上る縄ばしごにぶら下がって喜んでいる。
天井桟敷
ほんとは階段があれば楽なのだが、
こうでもしないと5匹の悪怪獣が上ってくるので…。
ただ、体力作りには大変役立っている。

今週のじゃじゃじゃTV「キッズ天国」では、
運動の秋に向けて、速く走るために特訓を受けてきた!
ロケ後も日々特訓しております。
早く走るために大事なのは、足腰鍛えるだけではなく
全身を動かすことから。頭の中も含めて。
「よし!体を動かしてみよう…」という素敵な言葉も含め
ご紹介したいと思っている。

今週は、世界陸上の放送があるため、
いつもと放送時間が変わります。
午後1時30分から。よろしく!
いつも通り、番組のHPにもアップします。
さあ、あなたも「○○越え」してみましょう!
(○○の中は、番組をみればわかります)
スポンサーサイト

theme : 出来ることから始めよう!
genre : 福祉・ボランティア

『雄星を見にクリネックススタジアムに行ってきた』

2010.05.05.22:25

もう昨日になってしまった…。
こういうことはすぐに更新しなければ意味ないのに
ブロガーとしてへたれなので翌日になってしまう…。

GWに人ごみの中に行くなんて考えられないことだが
あえて行ってみた。雄星を見に…。
2軍ながら東北初登場ということで
子2号を連れてクルマで仙台へ。
最近酔いやすい2号、高速はまったく平気だったが
仙台について下道に入った途端、
「お腹がいたい~」とべそかき。
15分ほど休憩して、12時前にクリネックススタジアムへ。
「こりゃあ1軍の試合かい!」っと思うほどの人、人、人…。
楽天ファン、最高だ!休日の愉しみ方の一つとして
野球が完全に定着している。

「埼玉西武ライオンズ、ピッチャー、雄星」と
場内アナウンスが流れると、場内から
「おお~」と歓声と驚きのため息。
知らずに応援に来た楽天ファンが多かったようだ。
2月の宮崎キャンプ以来、生の雄星の投球を見る。
1回、いきなり同じ岩手出身の銀二にヒットを打たれる。
相変わらず球が走らない。日曜日のサンデースポーツで
雄星特集をやっていた。フォームで苦しむ雄星…という
あたりきたりの内容で、「怪我でテイクバックが小さくなった」と
記者解説していた。
雄星、投げる!
雄星を馬鹿にしてるのか!とライバル取材者として憤慨。
プロからもメジャーからもあれだけの評価を受けた選手が
自分のフォームをそこまでコントロールできないわけがない。
あの打者から見にくいテイクバックが球威を殺している…と
いうのは真実だと思うが、怪我でそうなったわけではなく
雄星の意図が、絶対にそこにはある。
あのフォームが自分にプラスにならないと思ったら
絶対に修正するのが雄星だ。
今は球威もコントロールもまだまだだが、
プロでやっていくために必要な道だと思ってやっている。
だから、あのフォームを直さない。
今のフォームがしっくりくるようになれば
去年までの雄星より、かなり打ちにくい雄星が誕生する。
「考えすぎだ」「新人らしくやればいい」
と、かなり著名な解説者やスポーツ記者が言う。
君たち。見ていなさい。雄星は、テイクバックが小さい
今のフォームを貫きます。それでもう一つ上の世界へ
上がる。今シーズンの終わりごろ、オールスター明けには
1軍でも活躍する!断言しましょう。
…つい熱くなってしまったが、
キャンプ中から「オールスター明け」と言い続けてきた。
未完成が雄星の魅力。彼は自分で考えて
成功の方法論を持てる人間だ。
時間はかかるが、成功への道筋を明快に示す。
そして、昨日の2軍初勝利は、後になってみれば
大きな一歩になると思う。
3回からエンジンがかかった雄星、
おなじみの「おりゃあ!」という掛け声も出て
最高スピードは147kmを2回記録。
147km
ええもん見させてもらいました。

 さて、投球内容もさることながら
気温も熱かったクリネックススタジアム。
2号も暑かろうとかき氷を買いに行ったら
まあ、お客さんが長蛇の列…。
並ぶこと15分、イチゴミルクとレモンを買って
席に戻ると2号の回りに大人たちがぐるり…。
「お父さんがいない…」と両方の鼻から鼻水を垂らし
涙目…。
「すみません!すみません!」と係員さんと
回りのお客さんに平謝り…。
後で聞くと、席で泣きわめいていたわけではなく
私の姿が見えなくなったのに気付き、ちゃんと
ゲートのところの係員さんのところに行って
「お父さんがいない」としっかり説明したとのこと。
5歳、えらいぞ!お父さんが悪かった!
でも、お父さんはかき氷を食べさせてあげたかった
だけなんだよ…。
 そして試合後、スタンドの外へ。
何やら子どもたちが集まっている一角が。
大道芸だ…!これがまた、トークが面白くて
2号も大喜び。
いつも楽天の試合があるときに、場内で
得意の芸を披露しているらしい。
水色のつなぎに金髪の大道芸人がいたら
要チェック!楽天のショーアップセンス、グッド!
そして、雄星のこれからに乾杯!

theme : プロ野球
genre : スポーツ

『赤べこ走る!』

2010.01.02.21:21

現在花園で開催中の全国高校ラグビー。
我が岩手代表・黒沢尻工は、16年ぶりに出場した。
北の国・岩手の、県庁所在地でもない市の学校が、
昭和53年、全国で準優勝した。
その前後15年ほどの間に、全国ベスト4に食い込むこと、5度。
秋田工、盛岡工などと共に、北国の高校ラグビーを支えた。
全国制覇の経験がある上記2校に比べ、黒工の成績は物足りない。
しかし、熱心なファンには「赤ベこフォワード」「赤ベこ軍団」として
いまだに印象が強い。
初戦敗退しても、その相手が優勝。
そして、もっとも苦戦したのが黒工との試合だった…。
何回か高校王者に手をかけながらも届かなかった、
北国の小さな町のチーム。
ひたひたと、じりじりと前にでる。
13年連続花園出場した岩手の名門だったが、
16年前から岩手で勝つこともできなくなる。
4年前には、部員が一時12人まで減る。
全国で覇を争ったチームが…。苦しみも大きかった。
その辺りの事情は、ラグビーマガジン1月号に詳しい。
ラグビーマガジン
しかし、そこからの復活もすごい。
今回、大会が始まる前日の12月26日に、
IBC岩手放送で『「赤べこ」再び』という30分の黒工ラグビー部の
特番を担当した。私なりの黒工復活の要因と強さの分析は
その中でした。
色々と苦労したが、一番大変だったのは番組タイトル。
去年就任した高橋智也監督(黒工→日大→サントリー)は、
ずっと選手たちに言い続けてきた。
「お前たちが、黒工の新しい時代を作るんだ」
しかし、制作する側としては、これまでの黒工の戦いにも
思い入れがある。しかし、「復活」とだけはしたくない…。
氷点下の練習に通い、高橋監督にマイクを仕込ませてもらい、
過去のVTRを分析し、考えた末に、「これはリボーンなんだな」と感じる。
番組宣伝VTRを作る寸前に、このタイトルになった。

昨日、再生赤べこ軍団は、ダントツの優勝候補・東福岡に完敗した。
正直、途中で見るのをやめようかと思う展開だった。
だが、「廃部したほうがいい」という状態から、16年ぶりの全国の舞台で
2勝を挙げて、今年すべての学校が目標とするスーパーチームと対戦。
レギュラー15人中5人が1、2年生のこのチームは、
熱血漢青年監督が率いるこのチームは、
この思い出すだに胸を抉られるようなこの試合を、
必ず次への橋頭保にするだろう。

現在、関東では有力チームによる交流戦が行われている。
長崎では、県内有力校が完全に情報を共有。
県で勝つことではなく、いかに全国で勝つかを取り組んでいる。
我々も全国で戦うことを目指そう。役者は揃った。
黒工練習

『かしわ山の菊池雄星のお話』

2009.12.08.22:51

今日、岩手の星(もう岩手だけじゃないか)・菊池雄星が西武の施設を見学…という
ニュースが各テレビ局夕方ニュースで流れていた。
何を隠そう、私、かつてテレビ局の「Sスポーツ」という番組の
プロ野球班チーフまで努めたことがあり、野球にはかなりうるさい。
その上、何を隠そう、我が家の子2号は、菊池雄星と同じ6月19日生まれ!
雄星は、甲子園スターになってからも寮の便所掃除を続けている、できた人間だ。
それを見習ってか、自分たちの部屋も掃除機をかけるようになった2号。
我が家の雄星、掃除機をかける
期待しておるぞ!…といいつつ、なかなかうまくキャッチボールが成立しない。
まあ、大器晩成ということで…。

 その雄星(本物のほう)、実は危うく夏の甲子園切符を逃す所だった。
バンカラ応援でオールドファンが多い盛岡一高と対戦した決勝戦、
終盤8回まで0-1とリードを許す。一高OBとしては、
「死ぬまでに一度甲子園に応援に行きたい…」という願いがかなうかもしれないという
嬉しさの半面、花巻東に勝ったら、『何よけーなことしてんだ!』と
かなりの反感を買うと心配も。結局2-1と花巻東が逆転で甲子園へ。
落ち着くところに落ち着いた。
 さて、雄星はかなりの勉強家。県内一の進学校である盛岡一高野球部も
誘いの声をかけたそうだ。実は、雄星のお兄さんは盛岡一高卒。
そういう縁もあった。もし彼が来ていたら…。
詳しい経緯はこちらのHPで。『白亜スポーツ』http://sun.ap.teacup.com/applet/taira/200910/archive?b=6

 さて、今年の夏、雄星はがんばった。チームメイトもがんばった。
夏の甲子園・準決勝、花巻東の試合を応援するうちの子どもらも、
お絵かき紙で旗を作って応援していたが、及ばず!
花巻東チビ応援団

雄星の後にマウンドに立った猿川くん、取材で話を聞く機会があったが
本当にナイスガイ。笑顔に男も惚れそうだ。
「甲子園で一番印象に残ったことは?」と聞くと、自分のことではなく
『雄星が154キロ出したことです』と言って、再びさわやかスマイル。
東海大に進路も決定したそうで、雄星世代の将来も楽しみ。
「うちの雄星も人様に夢を与えられるような子どもになれば…」と思ってはいるが
今日も弟たちに悪さをして父に尻をひっぱたかれる。
甲子園スターへの道は遠い…。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
twilight

powered by ブログの時計屋さん
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

かしわ山

Author:かしわ山
岩手県盛岡市の住人です。テレビ番組ディレクター。5児の父。好きなことは、山の生活と家族!クルマ、スポーツも!

キーワードアドバイス
キーワードアドバイス
ツールプラス

ディレクトリチェックツール

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。