スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆はるかのひまわりが咲きました

2011.08.26.23:33

今頃ですが、ひまわりが咲きました。
はるかのひまわり
小さな小さなひまわりの花。
神戸の震災で亡くなった女の子のひまわり。
我が家でも…咲きました。

多くの人が亡くなった、3月の地震。
でも、それがなければ、岩手で
「はるかのひまわり」がこれだけ咲くことも無かった…。
複雑な気持ちですが、起こってしまった結果として
人のつながりが増えるというのは良いこと。

何より、花が咲くと言うのは
とても嬉しい…。

さて!被災地高速料金を募金する運動を、一人で
昨日から始めましたが、本日高速初利用!
盛岡から花巻という至近距離ではありましたが
後ほど高速料金分、寄付いたします。

このページ右上に寄付のタグがありますので
皆さんもぜひやってみっぺし!
スポンサーサイト

theme : みんなに紹介したいこと
genre : ブログ

☆僕たちの未来

2011.03.14.14:59

11日。確定申告の準備に追われていた小さな自分。
今まで感じたことがない初期微動。
岩手宮城地震でも家を飛び出すことはなかったが
今回は迷わず走った。
感染性胃腸炎で寝込んでいた2号をたたき起し、
そばで遊んでいた4号の手を引いて階段を駆け降りる。
下のベビーベッドで寝ていた5号を抱いて外へ。
カギがかかっていたはずの土間のサッシは
跳ねあがって戸が開いている。
外で子どもたちを抱きしめることしかできず。

外に出ていた妻も、小学校に行っていた1号も、
幼稚園に行っていた3号も無事だった。

日々何とも言えない気持ちになっていくのは
誰も一緒だと思う。
私の母の実家は、今回津波にさらわれた町の一つ、
田野畑村。毎年夏休みに行くのが楽しみで仕方がなかった。
一番大好きな叔母の家も流された。海には近いものの、
10mほどの高台にあった。
浜が一望できる、素敵な眺めの家だった。
叔母は避難所に逃れることができた。
大好きだった浜は、きっと見る影もなくなっている。
命があっただけでいい。早く行ってあげたい…。

今まで世界中のだれもが体験したことがない状態にあるんだと思う。
スマトラの地震を見ても、NZの地震を見ても
大変だ…と思っても、募金をしても、
やはりどこか他人事だと思っていた。
奥尻には2週間後にボランティアで行った。
阪神大震災には、取材団の一員として1ヶ月後に行った。
それでも現実感はなかった。

やはり、ふるさとがつぶされるのはつらい。
自分の想像力のなさを痛感した。
実際にそうなるまで、感じることができないとは。

仇をうちたい。
少しでも何かできれば。
家のことが落ち着き次第、何か手伝いに行きたい。
読んだ皆さん、赤ちゃんの紙おむつ、着なくなった子ども服、
ミルク、毛布などを提供いただけないでしょうか。
1人分でも、2人分でも、持っていきたいと思います。
コメントいただければ、取りに伺います。
私一人だけの力より、二人なら2倍、三人なら3倍。
「私一人がやったって…」なんて思わないでください。
私はとりあえず親戚がいる田野畑村のために動こうと思います。
私の呼び掛けにこたえていただかなくとも
皆さんも何か被災地に所縁があれば
募金や寄付、または、その地の人々のことを真剣に思っていただけるだけでいいです。
心を痛めてください。思ってください。お願いします。お願いします。

13日の朝日新聞・天声人語。
「人は弱い、弱いから支え合うほかない。長い災害の歴史が、日本という国の地力を試している。」

『試されている』と思ってでも、頑張るしかない。
町をいくつも消し去った地球の凶大な力に
人間としてできることがあるはずなんだ。

theme : 出来ることから始めよう!
genre : 福祉・ボランティア

『命』

2010.10.12.00:01

まずは皆様、ありがとうございました!
よしき君の30円募金、本日開始しました。
本来なら募金は12日までの予定でしたが
それでもやらねば!

5人の子どもたちも文句も言わず
(疲れてグダグダになった子たちも
いたが…)2時間30分、休まずやりきった。
正直、どれだけ戦力になるか…と
心配していた。
1号は声もでかいし、図太いところがあるので
大丈夫と思っていたが、
2号も負けぬ大声と、背筋のピンと伸びた姿勢…、
そして、ちっこい目を一生懸命見開いて
募金を呼び掛けていた。
…とは言いながら、
今回は結果がすべて。
まだこれから。この2週間にすべてをかけたい。
ブログ読んだ方も、誰かに伝えてください。
一人が多額の募金をして頂く必要はない。
誰かに伝え、そして、誰かに伝えることを
託してほしいのです。
始まったばかりの30円募金。
仕事はたまっているが、
次は県内の全小中学校回り活動を開始する。
ご覧のステッカーを貼ったクルマを見かけたら
無理やり止めて、30円お願いします。
ジムニーのステッカー ディオンのステッカー
私の愛車・ジムニー   かみさんがブイブイ言わすディオン
TAGさん、かさねがさねありがとうございます。
(本日も募金に駆けつけてくださった)

 「この人だけ助けてもなあ」
1週間前まで、難病の募金活動を見て、そう思っていた。
「きりがない。助ける、助けないの線引きを
どこでするの?」なんて思っていた。
まるで、自分が生殺与奪の力を持っているがごとく。
一人で多くの人間を救える力を持つ人は
世の中には一握りしかいない。
その人は、能力の出しどころを迷うべきだ。
一人の人間を助けるため、多くの人を助けられなくなる。
ただ、世の99%の人間にはその能力がない。
だから、迷いながら、一つ一つのケースに向かい合っていくべきだと思う。
「線引きできない」で思考停止するな。
自分が共感できる。自分の身近な人だった…。
そんなきっかけでいいじゃない。
やってはいけないことは、迷わなくなること。

 たとえれば、一つ一つの募金活動が、水に石を投げた時にできる波紋。
これがたくさんできればいい。全部に関わることはない。
自分に触れてきた波紋に応えればいい。
問題は、今の世の中、水分不足のせいか、
波紋が立たない。
そんな中、いきなり石と石が直接ぶつかって…という感じがしてしまう。
水、大事です。

 えー、抽象的な話になってしまった…。
募金と編集に追われ、庭に放置していたクルミが
さらに食われてこんなありさま。
哀れ…クルミの残骸
でも、クルミや栗とりに明けくれる私に文句も言わず
今回の募金活動を推し進めてくれたかみさんに
感謝の気持ちを伝えて、本日のブログを締めくくろう。
「ありがとう…なんて、照れくさくて言えないよ」
(かつての同僚が年賀状に書いてくれた言葉より)

theme : 出来ることから始めよう!
genre : 福祉・ボランティア

『よしき君30円募金の夕べ』

2010.10.10.23:19

庭にクルミを干している。
まわりの実を腐らせているのだが
干してる間に数が減っていく。
まわりには実の残骸が…。
蚊とダニと闘いながら集めた俺の宝物…。
今日はしまっておこうと思ったのに
しまい忘れた…。今行くと、またやぶ蚊でハリネズミのように
なっちゃうのであきらめよう…。
また減るなあ。

犯人の一人はリス。
先日、家の前の木の上で、
ゴリゴリ音を立てて食べていた。
今年、食事を見かけるのは2回目。
前回は、見た直後に、大不作のはずの
クルミが大フィーバー。
2回目見かけた後は、
こちらもあまり成りが良くない
栗が大フィーバー。
かわいい栗 栗大漁

連日、栗ごはんや煮栗を食べている。
そんな栗でエネルギーをためて
現在かみさんが作業中なのが、募金箱作り。
募金箱作成中
じゃじゃじゃTVでおなじみ、TAGさんが
昨夜8時ごろに頼んだのにもかかわらず、
なんと昨日のうちに仕上げてくれた、素敵なイラスト!
TAGさんイラスト
しかも!
「デザイン料は、僕の気持です。
募金だと思って取っておいてください」
…ありがとうございます!
TAGさんのデザイン料、
そのまま募金に回させていただきます!

ということで、
突然だが、明日街頭募金を行うことに。
こういうことは早めにブログに載せて
少しでも多くの方に見てもらわねばならないのだが
相変わらずのダメブロガーぶり。
かみさんはツイッターですでにつぶやき済み
(とは言っても、あちらも今日の夕方だったが)。
10時から盛岡駅のマツキヨ前。
11時からは二手に分かれてカワトク前でも行います。
12時すぎまでの短い時間だけど、
ご覧になった皆さんの応援お願いいたします。

「よしきくんを救う会」の岩手での活動について
岩手日報で書いた記事から
「救う会」矢巾支部(よしき君が小学校入る前まで過ごした地)の
細川さん(子どもさんがよしき君と幼馴染)のアイディアで
はじめることになった30円募金。
岩手県民130万人が30円ずつ募金すれば
よしき君は心臓移植手術ができる!
30円以上はお断りさせていただくかわり
どなたかにこの募金のことを伝えてもらいたい…。
そんな募金である。

 そして、TAGさんのイラストを
愛車のジムニーに貼って
岩手県内全小中学校を回ろうと思っている!
よしき君には時間がない。
どんなに遅くても10月中には手術代を用意したい。
すぐに募金してくださる学校さんは、正直10に一つだろう。
自分も父が校長を務めていた。
恩師の先生も校長になって頑張っていた。
身近にその世界で生きた人がいるだけに
難しさはよくわかる…。
だが、時間がない中、ある程度活動を広げるためには
学校の力に頼りたい!
もしブログご覧になった方で
小中学校の先生に知り合い居る方、
こんなやつがふらりと訪れるはずです…と
お伝えください。お願いします!

theme : 出来ることから始めよう!
genre : 福祉・ボランティア

『何気ない日々と特別な日々~義貴君によせる言葉』

2010.10.05.00:24

ただいま5号は1歳と2カ月。
成長ゆっくりさんは、ここ2~3日で
急に歩く歩数が増えた。
歩くようになった人
7~8歩は行けるようになった。
5人目なのに、初めての子のように
はしゃぐ夫婦。
よく言えば感動を忘れない…。
ただ覚えていないだけかもしれない。
が、とにかくウレシイ。

そして、つい最近までよちよち歩きだった
気がする4号、間もなく3歳。
元気な兄たちと同じ行動をしようと
家の中を走り回っている。
夕方はいつも特にうるさいのだが
今日は打ち合わせから帰ってくると
家が静まり返っている。
「まだ昼寝中か?」と思って
土間の戸を開けると、うるさ所の3人が
布団の中に。
無理がたたったか、4号が階段の一番上から下まで
転がり落ちたらしい。
頭のタンコブに保冷剤をあて、添い寝をしてあげる3号(年中)と
絵本を読んであげている2号(年長)。
いつもケンカして罵声を浴びせあい、時には手が出る3人だが
こんなこともあるのだな…と。
2号による読書会LS
黄色い服が階段から転げ落ちた4号
本を読む人
たどたどしいながら本を読んであげている2号
何気ない日々の一風景。

大切な一瞬だ。

こんな日々の積み重ね。
当たり前のような気がするが、
日々命の戦いをしている人もいる。

皆さんは、竹内義貴くんを知っているだろうか。
9歳の彼は、心臓の難病を抱えている。
今は埼玉に暮らす義貴くんだが、
保育園卒業までは矢巾町で生活していた。
2年前に発症したこの病は、5年以内の生存確率が
30%以下。治療方法は心臓移植のみ。
ただ、移植法の制限で、国内では移植を受けられない。
緊急性が高いと認められ、アメリカの病院の受け入れまでは
決まっている。しかし、保険が効かないため
莫大な治療費がかかるため、今、ご両親の友人たちなどによる
募金活動が行われている。
義貴くんは、おととしの運動会までは
普通に参加できていた。
去年は、みんなの半分、25mを走ることができた。
しかし、今年は参加すらできなかった…。
日々、我が子の成長に目を細める。
そんな日常が許されないのだ。
先が見えない入院生活が2か月以上になり
「がんばる」と言っていた義貴くんも
気持ちが折れかかっている…という。

正直、私は、「難病の子どもの治療のために
募金を…」というのが苦手だった。
特に、去年テレビで見たようなストーリーのものは…。
たまたま難病の子の親が、あるJリーグチームの応援団長だったので
チームをあげて募金活動を行った…。
じゃあ、そういう特別な立場じゃない子はどうなるの?
この方を非難するのでは決してない。
こういうケースだけを、さも特別な風に取り上げる
テレビの姿勢に嫌悪感を感じる。
もっと他のケースがたくさんある。
そして、問題点は他にある。
大金を負担して、海外で手術を受けざるを得ない。
そうしなければ生きられない。
病気と向き合うことだけでも大変なことなのに
億という単位のお金を揃えろ!という。

ここまで迂遠な前置きに付き合ってくださった皆さん、
ありがとうございます。
いいたいことは、100円でいいです。
義貴くんのために募金をお願いします。
そして、誰か一人でいいので、募金お願い!
の一言を伝えてほしい。
振込先は、「よしきくんを救う会」のHPにあり。

国は、こういう子どもたちを救えないのだろうか。
救わないのだろうか。
破たんする大企業に金をつぎ込み
ダムを作ることに今も大金を投入し続けている。
じゃあ、まずは岩手から!
子ども一人の命、岩手県あげれば救えるんじゃないか?
俺たちは、それはやらなきゃだめじゃないか?
岩手の力を見せたい。
もちろん、岩手以外の皆さんもぜひ!

よしき君。ひげの鎌田先生もよく言いますが
頑張らなくていいのです。
でも、生きることだけは絶対にあきらめないこと。
病気のつらさは、本人じゃないと絶対に分からない。
でも、それを分かろうとしている人が
たくさんいます。いるんです。

theme : みんなに紹介したいこと
genre : ブログ

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
twilight

powered by ブログの時計屋さん
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

かしわ山

Author:かしわ山
岩手県盛岡市の住人です。テレビ番組ディレクター。5児の父。好きなことは、山の生活と家族!クルマ、スポーツも!

キーワードアドバイス
キーワードアドバイス
ツールプラス

ディレクトリチェックツール

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。