スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『22日、動物園にて…』

2010.08.21.00:16

申し訳ございません!
8月15日付のブログで、嘘を書いてしまいました!
盛岡市動物公園のカブトムシ&クワガタ大放出、
22日、今週の日曜日でした!
22日(日)、11時、盛岡市動物公園のサル山前に集合すると
ヘラクレスオオカブトムシなど、海外のカブトムシやクワガタから
日本のカブトムシまで、抽選でもらえます!
ヘラクレスオオカブトは、買えばウン万円もするもので
一生に一度飼えるかどうか…。
しかも、ヘラクレス級のカブトムシは、1年くらい生きるので
うまく飼育すれば、まだまだ楽しめます!
ワタクシの馬鹿な間違いに懲りず、ぜひ日曜日は
動物公園へ行ってみよう!
…それにしても、申し訳ありませんでした…。

 虫を飼って、まだまだ夏気分…。
そして我が家もまだまだ夏気分。
8月はちょっと頑張ったため、
子どもたちにあまり夏休みらしいことを
させてあげられなかった。
花火も一回もしないまま、夏休みも終わってしまった。
子どもたち一度も花火をしないまま…というのが
自分が嫌だったので、幼稚園の始業式だった本日、
なんとか実現。
重装歩兵師団
真夏に長袖長ズボン…山の中の家だけに蚊対策は重要!

本当は「そんなことしてる間に
仕事しろ!」と各方面から言われてしまいそうなほど
仕事も溜まっているのだが、これだけはゆずれません。
線香花火

色々あっても、やはり一番燃えるのが
線香花火。年齢を問いません。
見よ!この真剣な2号!6歳とは思えない。
見よ!2号のこの表情

その後、夕飯食べた後のデザートは
スイカ。取材の帰りに金ヶ崎の屋台で買った
秋田産スイカは1個500円と激安。
その割には甘くておいしかった。
スイカ!

暑かっただけに、秋の寂しさをより多く感じてしまう
夏休み後の1日、ちょっとだけ子どもたちとの夏を
取り戻せた晩だった。
スポンサーサイト

theme : 岩手県
genre : 地域情報

『ウミガメとヘラクレスオオカブトとニジイロクワガタ』

2010.08.15.17:43

先月は、仕事で大失敗。
大赤字で、楽しみにしていた妻の実家への帰省が
不可能に。もう2年里帰りをさせてあげていない。
結婚式の時、妻の親友たちから
「1年に1度は里帰りさせてあげてね!」と
言われて号泣したのに、結婚9年目にして
約束を破ってしまっている…。
いかん。いかんいかん!

ということで、先月の分まで今月はフル回転中。
8月に入ってすでに3本放送があった。
その中からおすすめ情報をお伝えします。
本当はOA前にお知らせして、番組を見ていただくのが
一番なのだが、性格上そんなゆとりを持ってOAに
間に合うことがないので、次回以降の改善点にしたい…。

①ウミガメ&昆布風呂
岩手にウミガメがたくさん来ることを知っているだろうか?
大槌や山田などの定置網にかなりひっかかる。
ウミガメ
娘が取材の時に撮った写真 自由研究にするはずだが、まだ影も形もない あと2日なのに

それを大槌にある東京大学の海洋研究センターの先生が
一時的に預かり、1か月前後調べた後、発信器を付けて
放流している。9月いっぱいくらいまでは
常にここに行けばウミガメを見ることができる。
事前に電話をして、先生の予定が空いていれば
色々ウミガメについてレクチャーもしてくれる。
そして、4人の先生たちによる出前授業も!
「海の流れ」「海の生き物」「海の色」
「魚のボイスレコーダー」などなど…楽しそうな
話題がたくさんあるので、学校の先生にお願いして
是非出前授業、してみてください!
ご連絡先はこちら。
東京大学大気海洋研究所附属国際沿岸海洋研究センター
0193-42-5611
マンボウの赤ちゃん
取材に行った時はマンボウの赤ちゃんも 30㎝くらいのミニサイズ

そして、せっかく大槌まで行くなら
お泊りで…ということで、ご紹介したのが
民宿波板。名前の通り、浪板海岸のすぐ目の前。
おススメが昆布風呂!宿のお父さんとお母さんが
せっせと海岸で拾っているという、海の味わいたっぷりの
お風呂。ぬるぬるツヤツヤで我が家の子どもたちも
大喜び!(4号だけは、いまだに「俺、昆布風呂いやだ」と
拒否中)
昆布風呂
昆布風呂入浴中の2号と3号

も一つおススメが、定置網の見学ツアー!
海釣りの船で、大槌湾内の定置網の巻き上げの様子を
見ることができる。なんと朝3時に出発という
ミラクル非日常体験ツアー。
天気が良ければ船の上から日の出を見ることができる!
いつもゲロゲロになる1号と2号だが、
酔い止めを飲んだら全く平気。
ずっと撮影していた私と、リポートしていた妻が
ゲロゲロだった…。酔い止め飲めば良かった…。
皆さんは是非飲んでください…。

②こちらは虫がテーマの番組だった。
 まずは、安比高原牧場の「キキリの森」。
世界中のカブトムシやクワガタを見ることができるのだが
飼育しているだけじゃなく繁殖から幼虫、さなぎの段階まで覗けてしまう…。
今回は、大人の握りこぶしくらいの大きさの
ヘラクレスオオカブトの幼虫や、孵化したばかりで
まだ動かないヘラクレスオオカブトなど、
いつもは見られないものを見ることができた。
孵化してから2~3カ月は、土の中でじっと体が
固まるのを待つそうだ。さすが、大物は違うぜ!
海外の大物カブトに触れるコーナーも!
興奮しましたね。あれは。
そして、飼育係(「虫師」という肩書!)さんが
とても含蓄がある人。物静かながら、
情熱がある。話かけると、色々教えてくれるので
色々聞いてみて!
サタンオオカブト
私が気に入ったのはサタンオオカブト 毛が気持ちよさそう…


 もう1か所が、虫なのに動物園…。
盛岡市動物公園は、かなりの昆虫天国でもある。
リポーターが虫網の使い方を習ったら
一発でオニヤンマを捕まえることができた。
そして、18日水曜日の11時は、動物公園の
サル山前に、みんな集合せよ!
夏に飼育していたカブトムシなどを全部抽選で
プレゼント。ヘラクレスオオカブトなど、
大物多数。私も参加…と行きたいが
中学生以下じゃないと参加できない。
5号はまだ抽選機を回せないので
1~4号、出動だ!

theme : 岩手県
genre : 地域情報

『やめてつかあさい&忍者屋敷』

2010.05.09.22:44

いつも怒鳴りあい叫びあい罵り合い
泣き叫びながら闘争を繰り返す子1号と2号と3号。
しかし、ごくたまに奇跡の瞬間が訪れる。
それが、入浴タイム。仲良く3人(たまに4号も加わり
風呂場がぎゅうぎゅうになっている)で
30分も40分も入っている。
お風呂大好き
先日、風呂場からこんな声が。

<1号>「これから土佐弁講座を始めます。
『やめてください』を土佐弁で言うと
どうなるでしょうか!」
<2号>「わかんなーい」
<1号>「『やめてつかぁさい』です。みんなで一緒に言いましょう」
<2~4号>「やめてつかあさい!」

今日も大河ドラマ『龍馬伝』を、かみさん以下5人の子どもたちが熱心に見た。
昨日のフジの特番を見てちょっと興味が復活した私も、
第一回以来、久しぶりに見た。今日はまあまあ面白かった。
それにしても、子どもたちを高知弁に染めていくという
恐ろしいパワーを持った幕末という時代…。
その当時の姿をそのままに残す建物が、盛岡市内には数多く残っている。
(ちょっと強引な展開だが…)
東京で働いている弟夫婦がGW中帰ってきていたので
その中の一つ、盛岡市中央公民館敷地内にある商家『糸屋』を
一緒に見に行ってきた。
糸屋ののれん
糸屋ののれんと2号

盛岡という街は、近江商人に作られ、支えられてきた。
江戸末期、その近江商人集団の中心にいた鍵屋茂兵衛という商人の
屋敷の一部を使っている、現役の雑貨屋さんが
市の中心部にある。「ござ九」である。
ござ九と桜
じつは、このござ九には、盛岡城内に通じる秘密の地下通路がある…という
噂を聞いたことがある。藩を支えていた豪商の屋敷であれば
ホットラインが通じていてもおかしくない。いつか
取材と称して真偽を確かめたい。

さて、糸屋に話を戻すが、こちらも染物で巨万の富を築いた豪商。
守るべきものが多いと気苦労も多い…。
対強盗対策として、2階の押し入れの奥にあったのは非常脱出通路。
1階への抜け道
1階の仏壇の後ろに通じているとのこと。
そのほか、1階玄関にも、押し込み強盗対策がなされているそう。
詳しくは、実際に訪れて、学芸員の方に聞いてみてほしい。
土日はガイドの方がいる…ハズ。

さてさて、外観も立派どす。
この立派な外観の2階の壁。
立派にうだつがあがってます
これは、誰もが知っている、ある慣用句の語源になっている。
「うだつが上がらない」の「うだつ」なんですな。
もともとは火事が延焼するのを防ぐための防火壁。
中は漆喰がびっしりつまった超重量級の壁だそうな。
これを2階にあげるには、相当の財を成さないことには
無理だったそうで、うだつが上がれば、まあ社会的には
成功したかな…ということだったようだ。
ちなみに、盛岡はうだつの北限だ…とガイドの方は言っていた。
寒いと作れないのか?その理由はナゾだ…。
ブログ更新はほどほどにして、うだつが上がるようがんばろ…。

theme : 岩手県
genre : 地域情報

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
twilight

powered by ブログの時計屋さん
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

かしわ山

Author:かしわ山
岩手県盛岡市の住人です。テレビ番組ディレクター。5児の父。好きなことは、山の生活と家族!クルマ、スポーツも!

キーワードアドバイス
キーワードアドバイス
ツールプラス

ディレクトリチェックツール

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。