スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆波と風

2011.04.03.21:29

夜中の3時すぎ。とぼとぼ歩いてホテルにつく。
お湯は出ないものの、きれいなベッドで寝ることが
できるのは嬉しい。カウンターで会社名と名前を言って
チェックイン…と思ったが
「○○様(会社名)では御予約おありませんが…」
しまった!間違えた…!
仙台はまだホテル事情が悪く、毎日泊まるホテルが変わる。
せっかく会社から一番近いホテルだったのに、わざわざ
遠いホテルまで来ちまった…。

昼間にあったことを考えながら歩いていた。
だからかなあ…。

取材で訪れた宮城県山元町。
津波にさらわれた仙台市から名取、岩沼の海沿いの道を
高速バスで1時間にある福島との県境の町。
山元町
梅やたんぽぽが咲き、のどかなところ。
なんかほっとする風景が広がっていた。
山元町の梅


取材先の方は、海の近くに家があったが
津波で家は流され、同じ町内の山側にあった
実家の離れで避難生活をしている。

津波と追いかけっこをしながら、なんとか逃げ切ったが
飼っていた犬は、連れてくることができなかった。
途中で気付いた旦那さんが「犬を放してくる…」と
自動車から降りると、海の方からがれきの山がせまってくる。
波ではない。家の屋根、柱、木、看板…。それらがうねりながら
迫ってくる。
「お父さん、むり!」と、泣く子どもたちと一緒に一路山の方へ。
家族4人、なんとか逃げ切ることができた。

その方の避難先のご実家へ向かう途中、
お墓があった。駐車場の半分くらいが掘り起こされている。
「こんな時に工事なんかしなくてもいいのになあ」と
横目で見ながら、ほどなくその方の家についた。

スタジオのゲストとして来ていただくことに
なっていたその方から聞いたお話は、心をねじりあげられる
ようなものばかりだった。

町内の保育園、二つも波にのまれた。
そのうち、一つの保育園では、津波が来た当時、
7人の保育士さんと18人の子どもたちがいた。
両腕で子どもを抱え、送迎用のバスの上に乗る。
ひとりで2人しか抱えられない。
目の前で流されてしまう子どもたち。
増していく水かさは、車の高さを越えていく。
何かにつかまらなければ流される。
離してしまう…。子どもの手を…。

「離さなければ流されちゃうんだもの。
そんな話ばっかり聞きます。」
そして、「まだみんな実感がないのか、
『うちのおじいちゃん、ながされちゃったのよ』とか
けっこうあっけらかんと言うの。
まだショック状態が抜けないから
現実感がないんですよね…」と話す。

そして、見つかったご遺体は、土葬にされると言う。
「近くの墓地も、今、土葬をしています」

あっ、あれは工事ではなく、土葬だったのか…。
かなりの数だった。
帰りに通りかかった際に、道路からだったが
手を合わせる。道路を挟んだ向かい側にある避難所の方が
ちらりとこちらを見る。
泣き顔を見られるのが何となくいやで、そそくさと立ち去った。

海側の地区を通った。
家々がことごとくなめとられた町。
海からの風が、強く吹いていた。
さえぎるものがない。
波の音だけが、いつもより強く聞こえていた。
風の音と、波の音。
それだけが、強く、強く増した風景。
青い空と泥の色に塗りつぶされた海沿いの町で
波と風の音に圧倒された。
スポンサーサイト

theme : 俺の叫びを聞け
genre : 日記

『虫を探して3時間』

2010.08.16.17:00

前回のブログに載せたが、
先週、虫の企画を放送した。
それに先立つこと半月ほど前のこと。
何か、無性に虫とりがしたくなった。
まあ、山の中に家があるので
今年もコクワガタやらカブトムシのメスは
勝手にやってきてくれて、我が家の土間を
にぎやかしていてくれる。
しかし、木にカブトムシやクワガタを見つけた時の
あの瞬間の気持ちを、味あわせたい…というか
味わいたい…と思った。虫とりの誘惑…。
そこで、実家の裏の山へ、1号と2号、3号を引き連れて
出かけた。
とぼとぼ歩く

本当は朝早く起きて…と思ったが、
やはり寝坊。しかも、小学校の頃は
子ども同士のネットワークで、今年は
あそこの木に来ている…という情報があったが
今回は全くのあてずっぽう。
案の定、全く姿は見えず。
父の木のぼりと、セミ&セミの抜け殻のみ。
3時間暑い中、やぶ蚊と格闘しただけで終わった…。
木のぼり セミと3号

さて、昼間はカブトやクワガタは採れないのか?
前回のブログで紹介した、盛岡市動物公園の方から
聞いたとことによると、
カブトは寝ているが、クワガタは起きているものも
多い。
ポイントは、木。川原によく生えている柳が狙い目。
この木の先の方で、皮に傷が付いているような場所を
探して歩くと、早起きせずともクワガタが見つけられることが
多い。実際、取材に行った時も、真昼間にも関わらず
立派なノコギリクワガタ(しかも、つがい)を
捕まえることができた。
もう夏休みは終わってしまうが、
親子で虫とり、まだ行けます!!

theme : 虫・生き物
genre : 趣味・実用

『花と兄貴肌』

2010.05.12.17:21

書かなければならない台本がある。
ここ数日、関係の本を読み漁っている。
しかし、この番組で対象にしている人がビッグすぎて
なかなか糸口がつかめず。
歩きながら考えようと、雨もあがったので
幼稚園のお迎えに歩いて行った。
まだ幼稚園年齢になっていない4号もつれ、
帰りは3人子どもづれ。
こうなると思索にふけるどころではない。
「道路に飛び出すなぁ!」とか言っているうちに
一人姿を消し、人様のお庭に侵入…など
お子様たちの消息を失わないように集中していなければならない。
帰ったら足りなかった…ということにもなりかねない。

途中の山道でちょっと木陰に隠れてみた。
すると、年中の3号は、「おとうさーん」と一人で
探しながら先に行く。
年長の2号は、2歳の4号をしっかりエスコート。
肩に手を回しながら、「お父さんいないけど大丈夫だよ」とか
日ごろ見られないお兄ちゃんぶり。
さっきまで父がつないでいた手を離しただけで
泣きべそをかいていた4号だが、2号と一緒に
テクテク歩いて帰って行った。
ちょっとしたいたずら心だったが、子どもの成長や
個性が見えてちょっと面白かった。
皆さんもたまにやってみては?

雨上がり、何となく道ばたの山野草写真を。

①木イチゴ
木イチゴ
小学校の頃から楽しみにしている山のデザート。
花を付けたから必ず実になるとは限らない(ようだ)

②ヤマブキ
ヤマブキ
いつも山を真っ先に彩るが、今年は遅め

③ウグイスカグラ…かな?
ウグイスカグラ…かな

④ヒトリシズカ
ヒトリシズカ
名前も見た目もさびしげ。静御前からついた名前らしい。

⑤ミズナラの新芽
ミズナラの新芽
我が家の大黒柱が生えていたすぐそばから出た若木。
いい薪になる。

⑥クルミの新芽
縁の下のクルミ
縁の下から生えてきたのはクルミ。
クルミとりが大好きなわたくし。そのうちの何個かが縁の下に
転がったのだろうなあ。

⑦スミレ
スミレ
昨日、雨の前に撮影。もともと日本には自生していないらしいのだが、家の回りには毎年乱れ咲き。

⑧ニリンソウ
ニリンソウ
これも昨日撮影。イチリンソウと合わせ、我が家に毎年春到来を告げてくれる。

…子の成長と春の草花に心を奪われ、
肝心の思索にふけることができなかったではないか!
ああ…がんばろう…。仕事も…。

theme : パパ育児日記。
genre : 育児

『かもしかと幼稚園』

2010.02.01.13:33

久しぶりにゆっくりとした朝。
恒例の2号、3号との通園タイム。
9時半までに登園しなければならないのだが
家を出てすぐ、小鳥が枝で木の実を割っている。
ホオジロだ。
小さすぎて、携帯のカメラでは撮れず…。
写真の真ん中あたりにいるんだけど…。
見えないけどホオジロ
コンコンやっているのを親子でしばし見学。
そして、久しぶりに青空バックの岩手山。
岩手山と2号
なんてことをしていると、あっという間に
9時10分をすぎる。おお、遅刻するぞ…。

しかし、こんな時に限って足はいつもと違う方へ…。
普段幼稚園には、山を通って一度住宅地に出ていく道で通う。
しかし、山道だけで幼稚園の裏に出るスペシャルコースもある。
久しぶりに山コースから。
小さい頃は山の中で育ってきたが、最近山に興味を持つように
なるまで、こんなに山の中に倒木があるものだとは
思わなかった。
倒れた山桜
山の中にいると、よく不思議な音がする。
どーんとか、ばりーんとか(もっと説明のつかないような
音がすることも)。今思うと、木が倒れる音だったのかなと
納得するくらい。

 さるのこしかけと記念撮影。
さるのこしかけ

 遅れそうといいながらの寄り道登園。
「今年はかもしかの足跡がないなあ」と
思いながら歩いていると、やっと発見!
遅れると思いつつ、写真撮影。
かもしかの足跡
いつものヤツである。左の後ろ足のヒヅメが
特徴的(開き気味)。
かもしかの足跡アップ
この山に住むようになって
毎年2頭見る。そのうちの大きい方の足跡だ。
どこかに行ったか、下手すれば死んでしまったのか…と
思っていたが、無事のようで良かった。

 そして幼稚園に到着すると、何やら元気な声が聞こえてくる。
幼稚園の裏山
「お庭にしては、声が大きいな」と思っていると
朝から裏山でソリ大会が!
うむうむ、子どもは元気で好きなことをするのがよろしい。
滑り台を作らなくても、あれだけのロングコースがある幼稚園も
なかなかないだろう。ソリ好きな子どもたち、
お母さんに「もみじが丘幼稚園に行きたい」と
主張するように。100mの大ロングコースが
君を待ってるぜ!

ということで、散々寄り道しながら、夏の倍の時間をかけて
なんとか遅刻せずにたどりついたのであった。

theme : ♪♪生活を楽しむ♪♪
genre : 趣味・実用

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
twilight

powered by ブログの時計屋さん
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
プロフィール

かしわ山

Author:かしわ山
岩手県盛岡市の住人です。テレビ番組ディレクター。5児の父。好きなことは、山の生活と家族!クルマ、スポーツも!

キーワードアドバイス
キーワードアドバイス
ツールプラス

ディレクトリチェックツール

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。